ハイライトを入れると髪は傷むの?実際のところを詳しく解説

ヘアケアのお悩み

ハイライトは傷む?そもそもハイライトとは

この投稿をInstagramで見る

人気の王道グレージュ× bob →→動画あります! ・ 全体に細くハイライトを仕込んで 透明感たっぷりのグレージュを入れました🌹 ・ ハイライトを続けるとここまで透明感が出ます!ぜひお試しください♡ ・ 動きのあるボブ・グレージュ系カラー得意です👌 ぜひお任せくださいね🥰 ・ ・ 9月のご予約まだまだおまちしております!🌿 ・ 土日は埋まりやすい為、お早めにご連絡お待ちしております! ・ 《完全予約制》 カウンセリングからお帰りまで全て マンツーマンで施術させていただきます🤝 JR原宿駅から徒歩30秒のサロン✂︎ ・ 🎈ご予約方法 トップページよりLINE@ または DMにて ご連絡お待ちしております! ・ ・ ・ #個室サロン #美容室 #原宿美容室 #切りっぱなしボブ #グレージュ #ラベンダーグレージュ #透明感カラー #外国人風カラー #外国人風ハイライト #ハイトーン #グラデーション#ウェーブヘア

望月 美侑さん(@miyu_mochizuki)がシェアした投稿 –

うーん、どうしようかな……。(髪を指でくるくるともてあそぶ)

おやおや、何かお悩みのようじゃの。

あっ、髪さま。実は髪にハイライトを入れようか悩んでいるんだよね。おしゃれなスタイルにするためにハイライトを入れてみたいけど、「ハイライトは髪が傷む」っていう話を聞いて……。

なるほど、そうじゃったか。

ハイライトを入れたいけど髪が傷むのは嫌だなあ……。ねえ髪さま、実際ハイライトを入れると髪って傷んじゃうの?

そうじゃな、ヘアカラーはハイライトに限らず、少なからず髪にダメージを与えてしまうものじゃよ。そういう意味では、ハイライトを入れると髪が傷む可能性があると言えるじゃろうな。

やっぱり、そうなんだね。

ところでハイライトがどのようなものなのかは、きちんと理解しているかな?

そういえば、あまり知らないかも。ハイライトについて教えて、髪さま!

もちろん良いぞ。ハイライトは、全体の髪色よりも明るいトーンの色を部分的に細く入れていくカラー手法のことを言うんじゃ。ハイライトを入れることで、全体に立体感や透明感をプラスしたり外国人風のおしゃれなヘアスタイルに見せることができるぞ。また重たくみえがちな黒髪や暗髪もハイライトを入れることで、軽い印象に仕上げられる。人気の高い施術じゃな。

うんうん。

またハイライトを入れる部分の髪は他の部分の髪よりも明るくするために、カラーをする前にブリーチを行うことが多い。ブリーチで髪の色素を抜いておくと、明るいトーンの色味が出やすくなるからじゃな。

なるほどね。

ハイライトを入れると髪が傷むのは何故?

この投稿をInstagramで見る

柔らかく、太陽に透ける透明感。 ヌーディーベージュ × レイヤーカット ・ かわいいお客様🥰 前回初めて来ていただいて、今日はハイライトを入れました♡ ・ ハイライトを沢山入れたベースに 柔らかい、肌なじみのいいベージュを🌹 ・ ・ 動きのあるボブ・グレージュ系カラー得意です👌 ・ ぜひお任せくださいね🥰 ・ ・ ・ 《完全予約制》 カウンセリングからお帰りまで全て マンツーマンで施術させていただきます🤝 JR原宿駅から徒歩30秒のサロン✂︎ ・ 🎈ご予約方法 トップページよりLINE@ または DMにて ご連絡お待ちしております! ・ ・ ・ #個室サロン #美容室 #原宿美容室 #切りっぱなしボブ #グレージュ #ラベンダーグレージュ #透明感カラー #外国人風カラー #外国人風ハイライト #ハイトーン #グラデーション#ウェーブヘア

望月 美侑さん(@miyu_mochizuki)がシェアした投稿 –

ハイライトの概要が分かったところで、「ハイライトを入れるとなぜ髪が傷むのか」について解説していこうかのう。

よろしくお願いします!

最初にも説明したが、ハイライトに限らずヘアカラーは少なからず髪のダメージになる。極力髪に負担をかけないカラー剤なども増えてはいるが、とはいえ髪へのダメージがゼロになるわけではないからのう。実際、ヘアカラーをした後に髪のパサつきなどが気になったことが、一度くらいはあるのではないかね?

そういえば前に結構明るい色に染めたとき、髪のダメージが気になったなあ……。

さらにハイライトはブリーチによるダメージもある。髪の色素を抜くブリーチは相当強力な薬剤じゃから、髪に負担がかかることは避けられないんじゃよ。ただ髪全体にブリーチ剤を使用するよりは、ダメージが少ないな。

ブリーチすると髪が傷むという話は、確かに良く聞くね。

ちなみに髪へのダメージを完全になくすことはできないが、「できるだけ髪を傷めずにハイライトを入れたい」という場合はブリーチせずにハイライトを入れるという方法もあるぞ。ブリーチをしないでカラーをする場合そこまで明るいトーンの色を表現することはできないが、ハイライトのニュアンスを楽しむことは可能じゃ。

そうなんだ、ブリーチしなくてもハイライトは入れられるんだね!

ただしベースとなる髪の色がかなり明るい場合には、ブリーチ無しのハイライトは難しい場合がある。ブリーチしなくてもハイライトを入れられるかどうかは、担当の美容師に相談してみると良いぞ。また施術前のカウンセリング時に、髪をできるだけ傷ませたくないということも伝えておこう。

うん、わかったよ!

ダメージケアをしっかり行うことも重要

この投稿をInstagramで見る

人気の王道グレージュ× ウェーブボブ ・ 全体に細くハイライトを仕込んで 透明感たっぷりのグレージュを入れました🌹 ・ ハイライトを続けるとここまで透明感が出ます!ぜひお試しください♡ ・ 動きのあるボブ・グレージュ系カラー得意です👌 ぜひお任せくださいね🥰 ・ ・ 今月はまだご案内可能です🌿 土日は埋まりやすい為、お早めにご連絡お待ちしております! ・ 《完全予約制》 カウンセリングからお帰りまで全て マンツーマンで施術させていただきます🤝 JR原宿駅から徒歩30秒のサロン✂︎ ・ 🎈ご予約方法 トップページよりLINE@ または DMにて ご連絡お待ちしております! ・ ・ ・ #個室サロン #美容室 #原宿美容室 #切りっぱなしボブ #グレージュ #ラベンダーグレージュ #透明感カラー #外国人風カラー #外国人風ハイライト #ハイトーン #グラデーション#ウェーブヘア

望月 美侑さん(@miyu_mochizuki)がシェアした投稿 –

髪を傷ませないためには、ヘアケアをしっかり行うことも大事じゃよ。

そうだよね。でも毎日丁寧にケアするのはちょっと面倒だな……。

普段は自宅でトリートメントをしたり、髪を乾かす前にアウトバストリートメントを馴染ませたりするだけでも良いんじゃよ。無理のない範囲でケアしてみてはどうじゃ?

うん、頑張ってみる。

セルフケアはもちろんじゃが、定期的にサロンでトリートメントをするのもおすすめじゃ。

きれいな髪をキープするためには、やっぱり丁寧なケアが必要だね。今度サロンに行ったらトリートメントしてもらおうっと!

まとめ

ヘアカラーはハイライトに限らず、ダメージは少なからずあるものなんだね。でも傷みにくい施術方法があることも分かったから、やっぱりハイライトにチャレンジしてみようかな!

ダメージのこともそうじゃが、理想的な仕上がりに近づけるためには、信頼できる美容師にしっかり相談してからハイライトをいれるべきじゃよ。

うーん、ハイライトの施術が得意な美容師さんって、どこにいるんだろう?

GO TODAY SHAiRE SALONの「予約コンシェルジュ」を頼ってみてはどうじゃ?

GO TODAY SHAiRE SALONの 「予約コンシェルジュ」って?

「予約コンシェルジュ」はGO TODAY SHAiRE SALONのサービスじゃ。LINEでなりたいスタイルや髪に関する悩みを相談すると、それぞれの希望に合った施術メニューを提案してもらえるぞ。またその施術を得意とする美容師を紹介してもらうこともできるから、自分に合った美容師が見つかりやすいというメリットもあるぞ。「予約コンシェルジュ」で提案されたメニューの内容に納得すれば、そのまま施術の予約もできる。

そうなんだ、便利そう!さっそくチェックしてみるね!

関連記事一覧