なんでブリーチすると髪が傷むの?その理由と対処法まとめ

ヘアケアのお悩み

この前友達がさ、ブリーチして明るくイメチェンしてたんだ。

ふむふむ。ヘアカラーでは出せない明るさが出るから、イメージを変えるにはもってこいじゃな。

でもブリーチって髪が痛むよね?それが気になるんだよなあ。

確かに髪が痛むが、そもそもなぜブリーチが痛むのかは知っておるのかな?

えっとえっと・・・知らないや、なんとなく痛むってイメージしかないかも?

ふむ!もっとブリーチのことを知る必要があるぞ!
さらにブリーチのお手入れや対処法について教えてしんぜよう!

え?本当??実はブリーチしてみたいんだよね!教えて髪様♪

そもそもブリーチとは何か

この投稿をInstagramで見る

cotton pink . 定休日、営業時間、ご相談ください💪 ご予約、お待ちしております📞 💌 contact ▶︎ dm . #rinka_color #ハイトーン #ピンクヘア #ピンクカラー #シルバー #ベージュ #グラデーション #美容室 #美容師 #フリーランス #デザインカラー #カラーバター #purple #pink #パープルカラー #ハイライト #ホワイトカラー#ベージュ#シルバー #ラベンダーカラー #パープルカラー #シルバーカラー #ホワイトブロンド #ブロンドカラー #ブロンド #ホワイトシルバー #オレンジカラー #ネイビーブルー #ミントグリーン #ライムブルー #ライムグリーン

Rinka Ishitaniさん(@____rinka____)がシェアした投稿 –

ブリーチとは簡単に言うと、髪の色を抜いてしまうことじゃ。
髪には色素があって、それぞれ色がついているじゃろう?

日本人なら髪の色って黒とか茶色だよね。海外の人ならブロンドとか。
あれって色素があるからあの色になるってことか。

そうじゃ、いわゆるメラニン色素というものじゃな。
年をとるとメラニン色素が作られなくなるから、白髪になるんじゃ。

おじいちゃんのホワイトカラーは自然なブリーチだね!
でも若い人は美容院で色を脱色してもらわないと、髪に色がついてきちゃうよね?

髪から色素を抜くブリーチの仕組みを説明していくぞ!
用意するのは2つの脱色剤じゃ。

1剤(過酸化水素)
アルカリ剤(アンモニア水)、過硫酸塩などの主成分が含まれたもの。
アルカリ剤で毛髪の表面にあるキューティクルを開き、髪の内部に薬剤が行き渡るようにする。
過硫酸塩が2剤の過酸化水素と結合し、髪の色素を脱色する手伝いをする。

2剤(アルカリ剤・過酸化水素)
過酸化水素が主成分。1剤と混ざることで酸化力が強い成分となり、髪を脱色させる。

この2つが混ざると髪に反応し、脱色が始まるんじゃ。

おおっ!化学反応で色が抜けていくんだね。

黒から茶、オレンジから黄色というように色が順々に抜けていくんじゃよ。

黒髪から一気に白髪になることはないんだ?

どんなにブリーチしても黄色は残るからのう。ブリーチで白までするのはほぼ不可能。
チャレンジしても、痛みだけが残るじゃろうな。

へえ、淡い黄色まではめざせるんだね!
でもやっぱり、痛みが気になるよ。

ブリーチするとなんで傷むの?

この投稿をInstagramで見る

white blond . 定休日、営業時間、ご相談ください💪 ご予約、お待ちしております📞 💌 contact ▶︎ dm . #rinka_color #ハイトーン #ピンクヘア #ピンクカラー #シルバー #ベージュ #グラデーション #美容室 #美容師 #フリーランス #デザインカラー #カラーバター #purple #pink #パープルカラー #ハイライト #ホワイトカラー#ベージュ#シルバー #ラベンダーカラー #パープルカラー #シルバーカラー #ホワイトブロンド #ブロンドカラー #ブロンド #ホワイトシルバー #オレンジカラー #ネイビーブルー #ミントグリーン #ライムブルー #ライムグリーン

Rinka Ishitaniさん(@____rinka____)がシェアした投稿 –

おっほん!それではなぜブリーチすると髪が痛むのかを説明していくぞ。
髪の表面にはキューティクルというものがあるのは知っておるかのう?

キューティクルが剥がれるとツヤがなくなるとかって、シャンプーのCMとかで言っているやつだね。

そうじゃ、髪の主成分であるタンパク質や栄養を保持しているのがキューティクル。

魚のウロコみたいな薄いものが、重なり合ってできているんじゃ。
それを無理やりこじ開けてしまえば・・・

髪に良くない!

ブリーチはキューティクルをこじ開けることで、髪の毛にダメージを与えてしまうんじゃよ。

さらに流し込んだ過酸化水素が髪のタンパク質である、ケラチンを分解してしまうんじゃ。

わーお!開けてはいけないものを開けて、大切なケラチンを分解させるなんて、とんでもないことだね!!

そうじゃ!ブリーチは繰り返すと「髪の毛がゴムみたいに伸び縮みする」というじゃろ?
ケラチンが分解されすぎて、元の形を維持できないんじゃ。

何回もブリーチした先輩がブチブチの切れ毛になっていたなあ、美容師さんにも止められたって。

ふむ、ブリーチにはリスクがあることを覚えておくことが大切じゃ。
何も知らずに複数ブリーチなど、大変なことになるぞ。

傷ませないでブリーチする方法は?

この投稿をInstagramで見る

creamy pink . 定休日、営業時間、ご相談ください💪 ご予約、お待ちしております📞 💌 contact ▶︎ dm . #rinka_color #ハイトーン #ピンクヘア #ピンクカラー #シルバー #ベージュ #グラデーション #美容室 #美容師 #フリーランス #デザインカラー #カラーバター #purple #pink #パープルカラー #ハイライト #ホワイトカラー#ベージュ#シルバー #ラベンダーカラー #パープルカラー #シルバーカラー #ホワイトブロンド #ブロンドカラー #ブロンド #ホワイトシルバー #オレンジカラー #ネイビーブルー #ミントグリーン #ライムブルー #ライムグリーン

Rinka Ishitaniさん(@____rinka____)がシェアした投稿 –

じゃあさっ!髪が痛む原因が分かれば、傷まない対策法もあるよね?

ない!基本的に傷まないブリーチはない!!

えーーーー!?
髪様でも傷ませない方法が分からないんじゃ、どうしようもないじゃんっ。

基本的には傷んでしまうが、、、マシな方法はなくもない

ケアブリーチ
髪の結合を補修するジカルボン酸が含まれており、従来のブリーチ剤より94%ダメージを抑制する。

アールブリーチ(Rブリーチ)
ブリーチ剤に混ぜて使うことで、有効成分を髪内部に運ぶ。

このようなブリーチ剤を使用すれば、髪のダメージを最小限に抑えることができる・・・かも。

かも?

ブリーチに絶対はない!

そうか、髪質やケアの方法にもよるしね。ブリーチって難しいんだな。

まずはケアブリーチやアールブリーチを扱っている美容院を探してみよう♪

ブリーチした後のお手入れ方法は?

この投稿をInstagramで見る

. Styling done in 3 minutes at my first seminar. Thank you all for coming 💖

Rinka Ishitaniさん(@____rinka____)がシェアした投稿 –

ケアによってダメージを抑える方法はあるんじゃよ。

なになに?どうすればいいのかな?

市販のシャンプーは使わないことじゃ!
ダメージケア専用のシャンプーやトリートメントを使用するのが良かろう。

そうか、ブリーチした髪に今までのシャンプーじゃダメだよね。

シャンプーやトリートメントが良くても、環境や髪質によって痛むことはあるんじゃがな。
痛みすぎてどうしようもなくなったら、、、

なくなったら?

切るべし! !

そっかー、切るしかないのかー!

傷んだ髪はなかなか伸びてこないんじゃよ、
ダメージとはサヨナラした方が安心じゃ。

未練がましくなんとかしようとするより、ちゃんと切った方が良いってことだよね 。

ブリーチケアにオススメのアイテムは?

この投稿をInstagramで見る

purple silver . 定休日、営業時間、ご相談ください💪 ご予約、お待ちしております📞 💌 contact ▶︎ dm . #rinka_color #ハイトーン #ピンクヘア #ピンクカラー #シルバー #ベージュ #グラデーション #美容室 #美容師 #フリーランス #デザインカラー #カラーバター #purple #pink #パープルカラー #ハイライト #ホワイトカラー#ベージュ#シルバー #ラベンダーカラー #パープルカラー #シルバーカラー #ホワイトブロンド #ブロンドカラー #ブロンド #ホワイトシルバー #オレンジカラー #ネイビーブルー #ミントグリーン #ライムブルー #ライムグリーン

Rinka Ishitaniさん(@____rinka____)がシェアした投稿 –

「ブリーチをするのはダメだ」とは言ってはおらん。
リスクを理解し、きちんとケアすることが必要じゃ。

うんうん、ブリーチのこと知らな過ぎたかも。
他に気をつけることやおすすめのアイテムはある?

メージケア用のシャンプーやトリートメントを使うこと。
髪を乾かす前に、必ずアウトバスオイルをつけてからドライヤーを当てるのがおすすめじゃ。

毎日のケアが大切なんだね。
使うアイテムは、ブリーチする美容院でおすすめを聞いて見ようかな?

うむ、ブリーチで仕上がりの良さやリスクを減らすことを求めるのなら、セルフブリーチではなく、美容師にお任せするのが安心じゃ。

そのついでに、ダメージケアの方法やアイテムについても、相談してみるがいい 。

関連記事一覧